葬儀・終活

互助会は得か損か?意味や解約トラブルと積み立て葬儀費用の仕組み

申込用紙に記入する手

互助会とは、何のことでしょうか?

得なのか、損なのか分かりますか。

互助会のシステムは、終活をする場合に自分に合っている方と合っていない方がいると思います。

合っていない方からすれば、トラブルに発展する場合もあります。

互助会は、きちんとした知識で加入したいところです。

 

Sponsored Link

互助会の意味

握手する手

互助会とはお葬式や結婚式など冠婚葬祭の為に、冠婚葬祭を執り行う会社にお金を支払い積立をし、積立てたお金分のサービスを受けることができる組織のことです。

互助会には「会」という漢字があることで、会社というイメージを持ちますが、実際には「サービス」だと考えれば分かりやすいです。

その時代は古く、戦後から波及したシステムで、現在でも世間に受け入れられ多くの互助会が存在します。

互助会を運営するためには「全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)」に加盟をし、経済産業大臣から営業許可を受けなければなりません。

お金を積み立てているという表現になっていますが、積み立てたお金を使うという表現とは少し違います。

互助会の考え方は、相互扶助の精神で成り立っており、一か所にお金を集めてみんなで負担を軽くするという考えです。

ですので、実際に支払った以上のサービスが受けられたり、会員割引を受けることができるというサービスを提供しているのが互助会です。

ここでは、分かりにくい互助会について、現代の葬儀事情も交えて解説していきたいと思います。

 

互助会の積み立てシステム

お金を積み上げた瓶と芽

葬儀の場合は、毎月一定金額を積み立てることによって、契約したサービスを受けることができます。

払い込み回数や金額に応じたコースが用意されていることが多いです。

仮に満期前に死亡した場合も、差額を納入すれば利用ができますが、契約サービスを受けずに解約すれば、原則として解約手数料が掛かります。

互助会を解約したいときのトラブル

私の地元の葬儀社では、積み立て口数という話をよく聞きます。

結婚式にも葬儀にも使えるみたいなサービスです…。

互助会を運営する会社は、葬儀業を含めた冠婚葬祭のすべてを執り行っていて、さらに貸衣装などの冠婚葬祭に関連する品物を取り扱っていることが多いです。

互助会の会員は、互助会の運営する会社の品物ならばサービスを受けることができるとなっています。

解約を申し出ても、

葬儀業者
葬儀で使えます。
葬儀業者
子、孫の結婚式で使えます。
葬儀業者
貸衣装で使えます。

などを理由として解約を拒む場合もあります。

また、お金を積み立てているはずなのに、解約しても支払ったお金は全額は返ってきません。

事務手数料が引かれてしまうからです。

私の場合は、返ってくるお金は8割ほどでした。2割は手数料として戻ってきませんでした。

 

互助会と保険との違い

 先に述べたとおり、互助会とは組織のサービスです。

「○○保険会社の自動車保険」のような商品イメージで、A葬儀会社の「ご葬儀積み立てプラン」に似ているように感じます。

保険によく例えられることが多い互助会ですが、考え方は全くの別物です。

保険は、保険に加入し保障内容に当てはまるトラブルが起こると、そのトラブルを補償してくれます。

互助会で積み立てたお金は、積立てたお金を葬儀に補てんできる上に、お得に葬儀を行うことができると説明されます。

しかし、もともとの設定金額が高くなっている場合もあり、そこから割引をするので実際はお得にはなっていない互助会もありました。

互助会の営業マンたちは、「会員になり、積立てればお葬式ができるよ。」と会員を勧誘していきます。

でも、冷静に考えてみて下さい。

積み立てなくても、お葬式はできます。

もちろん積み立てたお金がある分、実際の葬儀後に積立額を超えた費用だけ支払えば良いので、経済的に楽になることは間違いありませんが、積み立てたお金だけで葬儀ができる訳もなく、追加のお金を支払い葬儀をします。

このシステムを中途半端に理解していると、後々、会員になった時の説明と違うじゃないか!と揉めるわけです。

現在では、このような営業は(たぶん)行われていませんが、まだまだ勘違いをしている人は多いです。

 

互助会加入者の葬儀費用の支払いは?

通帳を見る女性の手元

積み立てたお金は、冠婚葬祭のために仮払いしたお金です。

増えることはないが、実際に冠婚葬祭等で利用する際に

代金 ― 仮払金 = 支払額

という出費額の軽減ができるだけです。

ですので、

葬儀費用総額 ー 積立金(仮払金)= 支払い葬儀費用

となります。

銀行でも、利率は少ないですが現金は増えていきます。

しかし、互助会は現金を預けても増えるわけでもなく、解約すれば事務手数料を取られて減ってしまいます。

積み立てたお金(仮払金)があることで、利用者はその互助会会社( = 葬儀会社 )を利用することを選ぶでしょう。

すると、会社としても将来的な顧客の確保ができるメリットがあります。

顧客確保をするにあたり、現金は良い人質(金ジチ)となる場合も…。

 

もし、互助会が倒産したら?

互助会を運営する会社は全国に200社ほどあると言われています。

もちろん倒産しているので、倒産した互助会の会員から預かったお金は存在していません。

しかし、会員は別の互助会が吸収してくれます。

葬儀業者
「当社が倒産してもお金の心配はありません。」

など加入時の説明ができて安心を与えてもらえるのは、会員が吸収されるからです。

倒産したら「○○互助会は、△△互助会と合併しました。」などと通知され、同じサービスや割引が受けられるようになっています。

新しい互助会から会員証も発行され、どのようなサービス・割引が受けられるかも記載されているでしょう。

全部の互助会がというわけではありませんが、私の住む地域では互助会の葬儀代金は高く設定してあるように感じます。

しかし、その分、サービスは質はとても高いです。

お金があって、細やかなサービスの質を求める方には互助会の葬儀はとても満足することでしょう。

しかし、葬儀代金をおさえたい方には互助会は向かず、求めてもないサービスを提供してお金を支払うことになります。

 

地方の場合は互助会に加入した方が得?

残された遺族の負担が減るように互助会へ加入している親御さんも多いです。

結局は互助会でなくても、自分で銀行に積み立てておいても良いわけですし、生前に自分で選んだ葬儀会社で生前予約をして支払いを済ませておくか、貯めておくか選択しても良いわけです。

互助会が損か、得かではなく、自分に合った葬儀をするためのお金の準備方法のひとつとして互助会を利用する選択もあるということです。

それだけ、私たちの選択方法が増えた現代になったということですね。

例えば、

  • 浪費家の方
  • きちんと遺族が葬儀をしてくれるか心配な方
  • 死亡したら貯金が下ろせないからトラブルを防ぎたい方
  • お金があって、高いサービスの質を求めている方

などの目線からは、互助会にメリットがあります。

しかし、

  • 家族でしっかりお金も含めたエンディングを話し合っている方
  • すでに生前予約で葬儀プランを決めて支払いを済ませる予定で考えている方
  • 直葬だけなど、できるだけ安く葬儀を済ませてほしいと願っている方
  • すでに家族観トラブルがあり、先のことに積み立てをしたくない方

などは、言い方が雑ですが、互助会にメリットが見えないように感じます。

私は、互助会にメリットを感じる方と感じられない方がいて当たり前だと思っています。

私が住んでいるところは田舎なので、狭い人間関係の中、ご近所・友人に頼まれて互助会に入会している人たちも多いです。

私も、それが付き合いで当たり前のことだと気にも止めていませんでした。

しかし「子どもの為になればいいか。」と思って安易に加入した方も多いはずです。

そう思うと悲しくもなります。

残された遺族の負担が減るように、何らかの方法を考えている場合は、互助会だけが方法ではありません。

  • 葬儀費用を銀行にお金を貯めておく。
  • 生前予約をし支払いを済ませておく。
  • 簡素な葬儀を希望していることを伝える。

繰り返しますが、互助会は高いサービスを提供してくれることが多いです。

契約内容にもよりますが、ドリンクバーが無料であったり、おしぼりのサービスや、親族控室も高めのソファーや寝室には高級なベットが置いてあったり、女性スタッフがお茶を準備しくれたり、弔問客の接待もしてくれます。

本当にお金を持っている人は、互助会で葬儀することで「ゆっくり家族にお別れをする時間を作ってもらえる」と満足できるはずです。

互助会の最大のメリットは「とてもサービスが良い」に尽きると思います。

葬儀代金だけを準備するなら、普通に定期貯金をしたほうが良いです。

もしくは、積立型の生命保険を検討するのもひとつの方法です。

葬儀はお金も大切ですが、終活や生前予約で信頼できる葬儀社を見つけることも大切です。

お葬式はわからない費用が多いだけに、そこを親身になって包み隠さず明確に説明できる葬儀社を探しておくことが一番、安心して葬儀ができます。

まずは、いくらから葬儀ができるのか知っておくことから始めるべきでしょう。

Sponsored Link




Sponsored Link




-葬儀・終活

© 2020 FURAMO*